八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ハーブ料理に挑戦 大浜小5年児童ら

原田さん(右)の指導でハーブを使った魚料理やオリジナルカレーづくりに挑戦する大浜小の児童ら=21日午後、県立石垣青少年の家

原田さん(右)の指導でハーブを使った魚料理やオリジナルカレーづくりに挑戦する大浜小の児童ら=21日午後、県立石垣青少年の家

シェフの原田さんが指導 キャリア教育の一環

 県立石垣青少年の家で21日から宿泊学習に入った大浜小学校5年生52人が野外炊飯に挑戦し、校区内でレストランを営むシェフの原田和幸さん(32)を講師に石垣島のハーブを使った料理やカレーづくりに取り組んだ。地域で働く人々から職業について学ぶキャリア教育の一環。

 ハーブを使った料理では、島内に自生しているレモングラスやバジル、ウイキョウ、フーチバー(ヨモギ)など11種類のハーブから好きなものを選び、香り付けとして白身魚のシーラをアルミホイルで蒸し焼きにした。

 カレーづくりでは、チョコレートやケチャップ、ヨーグルトといった食材を隠し味にしてオリジナルのカレーをつくった。

 原田さんは「今回の料理体験を通して、料理人やハーブ農家、漁師などいろんな職業に興味を持って下さい」と呼びかけた。

 普段から家で料理の手伝いをしているという出盛悠依君は「料理は盛りつけるところが楽しい。これからも家の手伝いをしながら、いろんな料理を学びたい」と笑顔で話した。

  • タグ: ハーブ大浜小学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム