八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

1期米の収穫間近 平田原水田

たわわに実った1期米。24日から収穫が始まる=21日午後5時、石垣市の平田原水田

たわわに実った1期米。24日から収穫が始まる=21日午後5時、石垣市の平田原水田

梅雨最盛期へ 石垣島301㍉

 日本一早い米どころで知られる石垣島で24日から、1期米が収穫の時期を迎える。

 約17㌶の水田が広がる石垣市新川の平田原では、出穂期の稲がたわわに実っている。

 市農政経済課によると、今年は3~4月の低温続きで稲の成長が遅れ、収穫が平年より3週間遅れているという。

 すでに登熟期に入っている水田では、黄色くなった稲穂の香りが辺り一面に漂っている。ちなみに21日は24節気の一つ「小満」。6月6日の「芒種(ぼうしゅ)」までを沖縄では小満芒種(スーマンボースー)といって、梅雨が最盛期を迎え、雨の多い時期とされている。

 石垣島地方気象台によると、梅雨入りした5日から21日午後6時までに石垣島で301㍉、西表島159・5㍉、与那国島で162㍉の雨量を観測。記録的大雨となった石垣島では、梅雨期間中の総雨量の73%の雨が降っている。

  • タグ: 一期米
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム