八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

LEDで一層明るく 省エネやCO2削減

LED化で明るくなった道路=19日夜、石垣市登野城

LED化で明るくなった道路=19日夜、石垣市登野城

街灯など6割切り替え 石垣市

 2012年度からLED(発光ダイオード)化が進められている石垣市内の防犯灯や街灯は、今年3月までに全灯の6割近くがLED電球に切り替わり、住民から「明るくなった」と好評で、安心安全なまちづくりに貢献しているようだ。石垣市は14年度で残る街灯の切り替えを行う予定だ。

 LEDは消費電力が少なく、寿命も7倍と長い。同じワット数でも蛍光灯より明るい。防犯灯のLED化は省エネ、地球温暖化の原因となるCO2削減、管理コスト節減などを目的に実施されている。防犯灯を管理する市民生活課は電気料の約55%を削減できると見込んでいる。

 市によると、13年度までに住宅街などにある防犯灯1532基のうち795基、市道の街灯331基のうち276基をLED化した。14年度で残る737基、55基の切り替え工事を行う。

 防犯灯を管理する市民生活課は6880万円、街灯を管理する施設管理・すぐやる課は2025万円を14年度予算で確保している。

 防犯灯について市民生活課は、LED化とともに地図台帳も整備し、今後の適正管理につなげる考えだ。

  • タグ: LED防犯灯街灯
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム