八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

マンゴー生産部会を設立 JA八重山営農振興センター

マンゴー生産部会を設立した仲本部会長(右)と米盛副部会長=19日夕、市内真栄里

マンゴー生産部会を設立した仲本部会長(右)と米盛副部会長=19日夕、市内真栄里

高品質、安定出荷目指す

 JAおきなわ八重山地区営農振興センターマンゴー生産部会(仲本長照部会長)が15日設立された。会員は30代から50代までの6人で、作付面積は約60㌃。JAでの一元集荷と市場出荷を基本に生産する。部会では3年後をめどに出荷体制を確立する計画で、部会内で栽培方法を統一し、品質向上と安定生産を目指す。

 仲本部会長(36)は「会員一人一人の力で高品質のマンゴーを生産したい。JAへの加盟で一元集荷ができ、栽培技術の向上や会員の安定経営につなげたい」と意気込んだ。

 米盛永著副部会長(51)は「会員は今年から新規にマンゴーの植え付けを始めたばかり。部会内では3年後をめどに軌道に乗せる計画をしている。会員全体で当初は年間600㌔から700㌔の出荷を目指す。品質で宮崎県を超えたい」と目標を掲げた。

 JAおきなわ八重山地区営農振興センター営農販売課の長堂勝吉さんは「生産部会には、一元集荷を軸に高品質な商品の生産と出荷を期待したい」と話した。

 八重山農林水産振興センター農業改良普及課によると、2011年の郡内のマンゴー生産実績は収穫面積16㌶、107㌧。大半がゆうパックなどを活用した個人宅配となっている。

 生産部会メンバーは次の皆さん。

 部会長=仲本長照▽副部会長=米盛永著▽運営委員=小木曽徹、真地純市▽監事=伊志嶺雅也、島尻吉三

  • タグ: JAマンゴー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム