八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

作業効率が大幅に向上 新食肉センター

部分肉加工施設で枝肉を加工する社員=20日午前、八重山食肉センター

部分肉加工施設で枝肉を加工する社員=20日午前、八重山食肉センター

供用開始から1カ月

 ㈱八重山食肉センター(代表取締役・中山義隆石垣市長)は供用開始から21日で1カ月が経過した。旧施設と比べ、と畜から枝肉の加工にかかる作業効率が大幅に向上。食肉の短時間処理と安定供給にセンターの職員らは手応えを感じている。

 同センターの川杉國利常務取締役によると、20日時点の稼働率は約70%。共励会を含む石垣牛の枝肉のセリは4回開催。職員を含めた慣らし運転として同日までに牛120頭、豚182頭を処理したが、と畜や部分肉などの加工にも問題はない。

 新施設はオンレーン方式の採用で、一貫した加工処理が可能となったことで、牛や馬など大型動物の1日の処理能力は旧施設の1日12頭から20頭へと拡大している。

 センターには現在17人の社員が勤務。各工程ラインで全社員が業務をこなせるよう人材育成を図り、処理作業の効率をさらに向上させることにしている。

 部分肉加工施設で作業を行う20代の男性は「旧施設に比べて作業効率が上がり、スムーズに進められる」と話した。

 川杉常務取締役は「需要が増える6月から8月にかけての繁忙期にはフル回転して安心・安全な食肉を供給できる態勢にしたい」と意欲をみせた。

 JA石垣牛肥育部会の仲大盛吉幸部会長は「加工処理時間が予想以上に短縮され順調。本年度は目標の700頭増頭が実現できる見込み」と期待した。

地図
  • タグ: 食肉センター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム