八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「平和の壁」で保存を 気象台弾痕跡

石垣島地方気象台西側に残る弾痕

石垣島地方気象台西側に残る弾痕

八重山文化研究会 説明板の設置も

 八重山文化研究会(石垣繁会長)は15日夜、大浜信泉記念館で定例会を開き、アジア・太平洋戦争で攻撃を受けた石垣島地方気象台の塀に残る弾痕跡を「平和の壁」として残し、説明板を建てることについて意見交換した。

 石垣会長は「市街地の戦跡がほとんど残されておらず、保存は絶対に必要。年内にも説明板を作り、平和の壁として残したい」と強調。

 参加者からは説明板の文言について「銃撃された年月日や回数なども入れるといいのでは」「碑文は残るもので訂正がきかない。いろんな人の意見を聞くべきだ」などの意見があり、内容については再度検討していくことにしている。

  • タグ: 気象台弾痕跡
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム