八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

消防士らプールで特訓 海保と消防が合同訓練

合同訓練で海保の潜水士の指導で必死に泳ぐ消防士=16日午後、市営プール

合同訓練で海保の潜水士の指導で必死に泳ぐ消防士=16日午後、市営プール

海難事故を想定

 石垣海上保安部(赤津洋一部長)と石垣市消防本部(大工嘉広消防長)は16日午後、市中央運動公園プールで本年度第1回合同訓練を行い、消防士8人が海保の潜水士から泳ぎの指導を受けた。

 合同訓練は双方が得意分野とする技術を提供しあうことで、事故発生時にスムーズな連係を図るのが目的。「救助技術に係る相互協

力に関する覚書」を締結した2008年から年に3~5回行われている。

 この日の訓練は、海難救助中に波にのまれ、シュノーケルのマスクやフィン、ボンベのレギュレーターが外れるアクシデントが発生したとの想定で行われた。消防士らは苦しそうな表情をみせながらも懸命に救助訓練に取り組んでいた。

 市消防の黒島智幸訓練係長は「これから本格的なマリンレジャーシーズンを迎える。水難が発生した際、海保と消防がそれぞれの得意分野を生かし、1人でも多くの人命救助に努めたい」と話した。

  • タグ: 石垣海上保安部石垣市消防本部訓練
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム