八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

八重山署を訪問 県警マスコット・シーサー君

シーサー君(奥)とまーや(右)に質問する明石小の児童ら=14日午前、八重山署3階訓授場

シーサー君(奥)とまーや(右)に質問する明石小の児童ら=14日午前、八重山署3階訓授場

1カ月間、交通安全活動へ

 県民を事件事故から守るため1992年から、県内各地で県警の広報活動を行っている県警のマスコット「シーサー君」が14日午前、初めて八重山署を訪れた。約1カ月間、市内の小学校を中心に登校中の児童の見守りや交通安全活動、八重山のゆるキャラを交えた「ご当地キャラ安全・安心を考えるサミット」への参加を予定している。

 シーサー君は先月、ヤマネコマスコットキャラクター「まーや」がイリオモテヤマネコの事故防止を呼びかける姿を新聞で見て、「ネコ科の仲間が頑張っているので会いたい」ということで、今回の来島が実現した。

 この日は、同署に施設見学で訪れた明石小学校の3、4年生5人と触れ合った。児童たちから「警察署でどんな仕事をしているの?」「普段は何しているの?」との質問に、シーサー君は「県警本部で安心・安全を呼びかけるための作戦を練り、イベントなどでPRしている」と答えた。

 また、将来の夢について「副署長になりたい」と話し、集まった署員の笑いを誘った。

 明石小4年の小形波蓮(ばれん)君は「(シーサー君は)背が高くてかわいかった。警察官は悪い人を逮捕するだけではなく、安全を守ってくれる。危険のない町をつくってほしい」と感想。

 シーサー君は「八重山の子どもたちと仲良くなり、地域と協力して安心・安全な町づくりに協力したい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム