八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

一般の部を優先 トライアスロン

来年の復活に向け、新しいコースが検討されている石垣島トライアスロン大会(2013年4月14日)

来年の復活に向け、新しいコースが検討されている石垣島トライアスロン大会(2013年4月14日)

来年復活へ、25日に試走会 W杯開催は議論継続 石垣市

 来年の再開を予定している石垣島トライアスロン大会について、大会長を務める中山義隆石垣市長は13日、「どれが主かを念頭において検討している」と述べ、一般の部を最優先する考えを明らかにした。開催日はまだ決まっていないが、コース設定の検討が具体化しており、25日には石垣市トライアスロン協会(福里清作会長)が、新しいコースとして有力視する明石|中央運動公園間で試走会を実施する予定だ。

 中山市長は、日本トライアスロン連合が働きかけているワールドカップ(W杯)との同時開催については「先方からいろいろ提案があるが、内部で議論している。W杯を開催する場合でも一般の大会の負担になってはいけない」と述べた。

 同協会などが設定した試走コースは、スイムが明石海岸1.5㌔、バイクが明石小学校|運動公園間40㌔、ランが運動公園外周5周10㌔。

 バイクは明石から国道390号を南下し、南ぬ島石垣空港手前の大里で右折して県道大浜富野線を直進。於茂登をすぎて開南交差点を右に折れ、石垣島製糖前を直進して海岸線の一周道路へ。観音堂前を通り、荒引橋からシード線に入り、運動公園でゴールするコース。

 同協会によると、バイクコースは海あり山ありの石垣島らしい設定。中山市長は「試走してうまくいけば、コースがほぼ決まるのではないか」と話しており、このコースを軸に詰めの検討が行われそうだ。

 同協会は試走コースを現段階で最も有力な案としており、試走会を通して参加者から意見を募りたい考え。スイムコースは防波堤に囲まれたこれまでのコースと違い、波の影響など環境の変化がある。バイクコースの発着地点が異なるため、現段階では、自転車の移送が課題として考えられるという。

  • タグ: トライアスロン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム