八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣、大浜支部を統合 部会長に翁長氏

JA八重山地区水稲生産部会の2014年度通常総会で承認された新役員。右端が部会長の翁長孝夫氏=JA提供

JA八重山地区水稲生産部会の2014年度通常総会で承認された新役員。右端が部会長の翁長孝夫氏=JA提供

JA水稲生産部会

 JA合併後も個別に活動を続けてきたJAおきなわ八重山地区水稲生産部会(長浜栄包部会長、3支部)の石垣、大浜両支部がそれぞれ解散し、同部会に統合された。9日に市内のホテルで開いた同部会の2014年度通常総会で承認された。竹富支部は従来通り存続する。役員改選で翁長孝夫氏を部会長に選出した。両支部の統合で同部会では「双方の良い部分を吸収し、品質向上、増収を目指す」としている。

 同部会は08年に設立。下部組織として旧JA単位の石垣、大浜、竹富の3支部を置き、それぞれで予算を持ち、活動してきた。両支部統合で、植え付け、収穫、出荷調整を行い、ライスセンターの操業の効率化と利用料金の軽減にも取り組む。

 同部会の13年度生産実績は、3支部合計1046㌧、販売額2億3955万円。14年度は、販売目標を1200㌧、2億8000万円と設定。販売戦略として1期、2期の収量の差が少なく、いもち病にも強い「ミルキーサマー」の二期作での栽培を検討。今年、西表で栽培し、販売状況や消費者の反応などを見た上で、地区全体で取り組むことにしている。

 14年度事業計画では▽部会組織、活動の強化▽生産技術の向上▽ブランド化の推進・計画販売-などに重点的に取り組み、共同防除や現地検討会、米の消費拡大キャンペーンなどの活動を計画している。

 新役員は次の各氏。 ▽部会長=翁長孝夫▽副部会長=大底洋一、黒島良雄▽運営委員=上地永俊、上地永信、新城永誠、石垣典男、大浜永太郎、石垣貴史、平田善彦、仲新城長明、多宇克弘、佐久川直、内原篤、東成底克一、那根淳▽相談役=大浜博彦、長浜栄包▽監事=新崎和治、田盛広二

  • タグ: JA水稲生産部会
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム