八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「再見!石垣島」 八商工と八重農で交流

八商工の生徒たちと交流で、電卓計算の授業を見学する花蓮高級工業職業高校の生徒たち=12日午前、八商工

八商工の生徒たちと交流で、電卓計算の授業を見学する花蓮高級工業職業高校の生徒たち=12日午前、八商工

台湾花蓮の高校生ら

 台湾国立花蓮高級工業職業高校(葉日陞校長)の生徒ら14人が12日、八重山商工高校(真栄田義功校長)と八重山農林高校(渡久山修校長)を初めて訪れた。郷土芸能で歓迎され、生徒たちと交流した。

 八商工では、スターリングテクノラリーカーや生徒が作ったアイデアロボットなどの説明を受けた。花蓮高の生徒たちはパソコンや機械などに興味津々、カメラに収めていた。

 八重農では施設を見学したほか、生徒代表から土産品が贈られた。

 訪問団の中で唯一の女生徒の林陵さん(18)は「交流できてすごくうれしい。2日間しかなくて八重山を離れるのがとても寂しい。ホームステイも楽しかった」と感想。

 花蓮高級工業職業高校の金良遠学務主任は「石垣島は地形や気温、文化などが台湾と良く似ており、親近感を感じる。このような交流をできれば毎年行いたい」、真栄田校長は「修学旅行の中に訪問を組み込むなどして交流を続けていけたらと思う」と話した。

  • タグ: 八重山商工高校台湾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム