八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「お母さんの笑顔生き生き」 入賞者59人を表彰

高学年の部最優秀賞で黒島社長から表彰状を手渡される児童ら=10日午後、市民会館中ホール

高学年の部最優秀賞で黒島社長から表彰状を手渡される児童ら=10日午後、市民会館中ホール

本社主催図画コン

 第22回素敵なお母さんの図画コンクール(八重山毎日新聞社主催)の表彰式が10日午後2時から市民会館中ホールで行われ、本社の黒島安隆社長が審査員特別賞を含む佳作以上の入賞者59人に賞状と賞品を手渡した。入選者には後日、各学校で伝達表彰が行われる。

 今年の図画コンには郡内の幼稚園(保育所含む)29園、小学校33校から1562点の力作が寄せられ、436点が入賞した。

 黒島社長は「どの作品も素晴らしく、お母さんの笑顔が生き生きと描かれていた。絵は子どもたちからお母さんへの最高のプレゼントです」と激励。

 来賓あいさつで八重山教育事務所の黒島一哉所長は「応募した絵からはお母さんが大好きという声が聞こえる。この絵は世界に一つしかない最高の贈り物」とたたえた。

 最優秀賞の川満逞睦(よしちか)ちゃん(かわはら幼稚園)は「ブロッコリーの収穫に頑張っているお母さんが大好き」と話し、内藤楽生(らむ)さん(吉原小1年)は「楽器を弾くのが上手なお母さんの絵を描いた。賞をもらえてうれしい」と喜んだ。

 また、野村琉衣(るい)さん(崎枝小3年)は「絵が大好きだけど最優秀賞は初めてでビックリした。母の手の描き方を工夫した」と話した。

 入賞作品展は16日までマックスバリュやいま店、石垣店、新川店、平真店で展示される。

  • タグ: 素敵なお母さんの図画コンクール
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム