八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

5ダムで貯水率増 記録的大雨

記録的大雨で提体から水があふれている石垣ダム=8日午後3時20分

記録的大雨で提体から水があふれている石垣ダム=8日午後3時20分

石垣ダムは満水状態続く

 50年に1度と言われる5日の記録的大雨で石垣市内の五つのダムの水位が上昇。満水となった真栄里ダムでは同日午前5時半から11時までの約5時間半にわたってオーバーフローし、約27万8000㌧の水があふれ出た。

 同ダム管理事務所によると、今年4月以降、貯水率が満水に近い状態が続いていたが、ダム周辺で同日午前11時までの196㍉の降雨でダムがあふれた。同ダムでは8日午後3時30分時点でもほぼ満水状態を維持している。

 一方、4日時点で貯水率が65%だった石垣ダムは、大雨が降った5日以降100%となり、8日午後3時時点でオーバーフローが続いている。

 8日午後5時現在の貯水率は底原ダムが74・7%、名蔵ダムが99%。各ダムには周辺流域などから断続的に水が流入しており、今後も貯水量は増える見通し。

  • タグ: 大雨
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム