八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

秩父市と健闘誓う 市民に参加呼びかけ

埼玉県秩父市の久喜邦康市長と電話でエールを交換する中山義隆市長=8日午後、庁議室

埼玉県秩父市の久喜邦康市長と電話でエールを交換する中山義隆市長=8日午後、庁議室

チャレンジデーで中山市長

 運動やスポーツの習慣化を目的に人口規模がほぼ同じ自治体同士が15分間以上継続した運動への住民の参加率を競う28日のチャレンジデー2014(笹川スポーツ財団主催)で、中山義隆市長は8日、対戦相手となる埼玉県秩父市の久喜邦康市長と電話で話し、互いの健闘を誓い合った。

 中山市長は「ラジオ体操で攻めてみたい。互いに一生懸命頑張りましょう」と伝え、久喜市長も「石垣市はまとまりがあるようにみえるので強敵。胸を借りるつもりで頑張る」などと応じた。

 秩父市は昨年、参加率58・2%で徳島県鳴門市に勝利していることから、石垣市は60%を目標にしている。

 当日は午前6時から陸上競技場でオープニングイベント、午後5時から総合体育館メインアリーナでファイナルイベントを企画している。学校や民間事業所への呼びかけ、各世帯へのチラシ配布、体育施設の無料開放などを通して参加率を高めていく考えだ。

  • タグ: チャレンジデー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム