八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

羽田—石垣(ANA)で好調 航空3社GW期間実績

今年のゴールデンウイーク期間、ANAは羽田ー石垣で大幅な伸び、JTAの3路線は伸び悩み=南の島石垣空港

今年のゴールデンウイーク期間、ANAは羽田ー石垣で大幅な伸び、JTAの3路線は伸び悩み=南の島石垣空港

JTAは伸び悩み

 日本トランスオーシャン航空(JTA)と琉球エアーコミューター(RAC)、全日空(ANA)の航空3社は7日、今年のゴールデンウイーク期間(4月25日~5月6日)の利用実績を発表した。これによると、ANAは羽田—石垣で前年に比べて48.7%増と大幅な伸びを示したが、JTAの石垣関連3路線は伸び悩んだ。

 JTAは、利用者が3路線合計で2万8671人で、前年比2495人(8%)減少した。

 羽田石垣が5885人(前年実績比2.8%)減、関西—石垣で2796人(同1.1%)減。那覇—石垣は1万9990人と、前年実績から10.3%減少した。那覇—石垣で臨時便を2便運航した。

 RACは那覇—石垣で705人(同0.6%)増、石垣—与那国で2281人(同9.4%)増と前期を上回ったが、宮古—石垣で1039人と前期を8.1%、那覇—与那国で同576人と同12.1%下回った。

 ANAは6路線合計で3万6802人と同14.3%増。那覇—石垣は2万49人で同1.9%、羽田—石垣で8312人で同48.9%、中部—石垣で3401人で同0.8%増加。宮古—石垣は4.7%、関西—石垣は13.4%減少した。

 福岡—石垣は1882人を運んだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム