八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう「ゴーヤーの日」 生産農家、収穫に精出す

「今年のゴーヤは最高の出来」と収穫に精出す東内原辰雄さん=7日午後、白保の東内原さんのビニールハウス

「今年のゴーヤは最高の出来」と収穫に精出す東内原辰雄さん=7日午後、白保の東内原さんのビニールハウス

白保の東内原辰雄さん 「今年の出来は最高」

 5月8日の「ゴーヤーの日」を前に、石垣市内ではゴーヤの収穫がピークを迎え、生産農家が収穫作業に追われている。また、JAファーマーズマーケット「ゆらてぃく市場」などでは、特設ブースを設け、ゴーヤを特売することにしている。

 「ゴーヤーの日」はゴーヤを広く知ってもらい、多くの人々に消費してもらおうと1997年に県とJAおきなわが5と8の語呂合わせで制定した。

 石垣市白保でゴーヤをハウス栽培する東内原辰雄さん(60)はゴーヤーの日を前にした7日、ハウス内で収穫作業を行い、青々と実ったゴーヤを丁寧に収穫。「今年は雨が少なく日照も十分だったので出来も良かった。多くの人がゴーヤを食べてほしい」と笑顔をみせた。

 収穫したゴーヤは、市内磯辺のJA集出荷場で品質ごとに仕分けし、5㌔ごとに箱詰めされて東京の築地や大田市場に出荷される。2014年度は30㌧の出荷を計画している。

 JAおきなわ八重山地区ゴーヤ生産部会(会員数24人)の会長を務める東内原さんは「今年は質、量ともに最高の出来。本土での需要が高まっているので昨年度の本土向け出荷量22㌧を上回りたい」と意気込みをみせた。

 また、JAおきなわ八重山地区営農振興センター指導課によると、市場価格も5㌔詰めが2000円から2500円と上々という。

 8日に島産ゴーヤの特売を行うJAゆらてぃく市場では7日、登野城に住む60代の女性が「あしたはゴーヤーの日なので、きょう買って、今夜はチャンプルーにして食べたい」と一足早くゴーヤを買い求めていた。

 ゴーヤを2本購入した読谷村に住む60代の男性は「石垣のゴーヤは本島と質は変わらない。観光客にも好評なので、多くの人に食べてほしい」と話した。

  • タグ: ゴーヤーの日
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム