八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

雨のGWに 行楽地はどこも閑散

大きなシャボン玉づくりを楽しむ子どもたち=5日午後、県立石垣青少年の家

大きなシャボン玉づくりを楽しむ子どもたち=5日午後、県立石垣青少年の家

屋内イベント満喫

 大型連休後半の「こどもの日」の5日は沖縄地方が梅雨入りし、あいにくの雨に見舞われたため、行楽地は家族連れや観光客の姿がほとんど見られなかった。屋外でのレジャーを楽しみにしていた子どもたちはがっかりしていたが、代わりに屋内イベントを満喫。父母らは「屋内イベントがあって助かった」と話していた。

 県立石垣青少年の家では、子どもたちにさまざまな体験をしてもらう「ぼくらが主役だ!こどもまつり」が行われた。

 雨天のため、屋外でのコーナーは中止されたが、屋内イベントは盛況。シャボン玉や砂絵、ペーパーこいのぼり、スライム、バルーンなどに親子連れが参加した。

 家族6人で訪れた識名さくらさん(9)、雄介君(7)、瑛太君(4)は大きなシャボン玉づくりに夢中。「楽しかった」とうれしそうに話していた。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム