八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新人、元職8人が出馬の意向 石垣市議会議員選挙

街頭で手を振る立候補予定者の1人=3日、730交差点=。市議選はすでに動きだしている

街頭で手を振る立候補予定者の1人=3日、730交差点=。市議選はすでに動きだしている

現職2人が勇退 立候補者は30人前後か

 任期満了に伴い、9月に行われる予定の石垣市議会議員選挙(定数22)は現職、新人、元職合わせて30人前後が立候補する見通しだ。3日までの本紙取材に対し、新人と元職の計8人が出馬の意思を示した。他にも複数の名前が挙がっていることから今後、増えてくる可能性が高い。現職は2人が勇退を決めている。現在の与野党勢力は中山義隆市長を支える与党が13人、対する野党は7人、中立2人となっており、市議選の結果でどう変わるのか注目される。

 現職22人のうち、勇退を決めているのは野党の大浜哲夫氏(69、7期)=石垣=と池城孝氏(67、5期)=同=。残り20人の現職は、一部に流動的な要素もあるが、現段階では続投を狙う見込み。

 現職以外で出馬を予定しているのは現段階で自営業の新垣重雄(66)=石垣=、会社役員の今村重治(60)=大川=、会社代表の黒島孫昇(60)=真栄里=、農業の崎枝純夫(59)=石垣=、会社代表の後上里厚司(48)=大川=、会社代表の友寄永三(53)=平得=、会社員の長山家康(26)=登野城=、NPO法人代表の福島英光(55)=大浜=の8氏。

 元職の今村氏を除く7氏が新人。与党系は今村、黒島、友寄、長山の4氏、野党系は新垣、崎枝、福島の3氏、中立は後上里の1氏。

 8氏以外に名前の挙がっている人物や関係者は取材に「検討している」「女性候補の擁立を調整している」などと答えた。

 市議会与党側は、前々回の市長選で中山義隆氏が圧勝した勢いを受け、新人が当選するなどして安定多数を確保しており、最低限でも現有勢力の13人を維持したいところ。一方、市長選で大敗して以降、劣勢が続いている野党側は、新たな人材の輩出で市政奪還の足がかりをつかみたいところだ。

 一方、現職は与党から▽大石行英(63)▽知念辰憲(59)▽仲間均(64)▽伊良皆高信(54)▽上門孝子(63)▽仲嶺忠師(45)▽平良秀之(44)▽石垣亨(51)▽内野篤(46)▽砥板芳行(44)▽我喜屋隆次(37)▽箕底用一(33)▽東内原とも子(57)、野党系から▽小底嗣洋(64)▽石垣三雄(65)▽宮良操(58)▽前津究(42)▽長浜信夫(58)の、中立系から▽松川秀盛(66)▽石垣涼子(42)の各氏が立候補する見込み。

 現職の任期は9月27日まで。前回選挙は34人で争われた。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム