八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

最大級のクルーズ船お目見え 石垣港

八重山観光を楽しもうと下船するサン・プリンセス号の乗客=3日午前、石垣港

八重山観光を楽しもうと下船するサン・プリンセス号の乗客=3日午前、石垣港

石垣港に寄港したサン・プリンセス号=3日午前、新港地区から撮影

10月まで7回寄港 沖泊まりのケースも 7万7千㌧のサン・プリンセス

 石垣市が1997年に外航クルーズ船の受け入れを開始して以降で最大級となる7万7000㌧のクルーズ船が3日午前、寄港した。寄港したのは「サン・プリンセス号」(バミューダ船籍、全長261㍍、乗客定員2022人、乗組員900人、客室975室)。10月までに7回の寄港を予定している。

 今回の寄港は、世界最大のクルーズ船会社プリンセスクルーズが、日本発着クルーズ商品の一つとして実施。神戸港を拠点に名瀬、那覇、石垣、台湾の花蓮、韓国の釜山を周遊。乗客の約9割が日本人。

 7回の寄港のうち、4回は、スタークルーズ社のクルーズ船と寄港時間帯が重なることから、竹富島沖に停泊し、乗客は別の船で上陸する。次回の寄港は11日の予定。

 この日は1354人の乗客が下船し、八重山観光を満喫した。

 市は同港の岸壁で歓迎セレモニーを行い、八重山高校カラーガード部が演舞を披露したほか、ミス八重山が同船の船長らに花束を贈った。

 漢那政弘副市長は「石垣港に最大級のサン・プリンセス号を受け入れできて喜んでいる。石垣島の自然や文化に触れ、楽しんでほしい」とあいさつ。

 アンドリュー・フラウド船長は「安全に初入港できてうれしい。今後の入港でも、乗客が石垣島観光を満喫することに期待している」と述べた。

 サン・プリンセス号は同日夜に花蓮向けに出港した。

  • タグ: サン・プリンセス
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    • 関連するニュースはありません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム