八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

格差社会の解消を メーデー八重山地区大会

デモ行進で「STOP THE 格差社会!」を訴えたメーデー八重山地区大会=1日夕、石垣市美崎町の730交差点

デモ行進で「STOP THE 格差社会!」を訴えたメーデー八重山地区大会=1日夕、石垣市美崎町の730交差点

約1500人がデモ行進

 労働者の祭典「メーデー」の1日夕、第85回メーデー八重山地区大会(同実行委員会主催)が石垣市内で開かれた。大会には約150人(主催者発表)の労働者が参加し、「STOP THE 格差社会!」を掲げて市役所から真栄里公園までデモ行進を行い、引き続き開かれた式典でスローガンや宣言、特別決議を採択した。

 大会は連合沖縄八重山地域協議会(川本正樹議長、18単組)を中心に開かれたもので、デモ行進は午後6時に市役所を出発。「働く者の処遇改善を」「格差是正を」とシュプレヒコールを上げながら同公園まで行進した。

 式典では実行委員長の川本議長が「待望の新石垣空港が開港し、観光関連産業を中心に景気は上向いているように感じるが、働く者の環境が改善された実感はなく、依然として課題は山積している。暮らしの底上げ実現のため、ともに頑張ろう」とあいさつ。

 呉屋幸一八重山事務所長、高嶺善伸県議、崎山和裕労金八重山支店長、波照間忠八重山地区労議長らも参加。メーデースローガン・宣言を採択した後、「STOP THE 格差社会!働く者の連帯で安全社会を切り開こう」との特別決議を採択し、頑張ろう三唱で気勢を上げた。

  • タグ: メーデー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム