八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大道妃夏(八島小)が3位 北信越学生空手道選手権

北信越学生空手道選手権大会で3位入賞した大道妃夏さん(右)。左は妹の朱夏さん。中央は極真空手沖縄支部の七戸康博支部長=極真空手石垣道場提供

北信越学生空手道選手権大会で3位入賞した大道妃夏さん(右)。左は妹の朱夏さん。中央は極真空手沖縄支部の七戸康博支部長=極真空手石垣道場提供

 極真空手の全日本グランドチャンピオン決定戦への出場権を懸けた「第5回北信越学生空手道選手権大会」(富山県極真会館小井道場主催)がこのほど、富山市の富山県総合体育センター大アリーナで開催され、沖縄県代表として小学6年女子の部に出場した八島小学校の大道妃夏(ひな)さん=極真空手石垣道場=が3位入賞を果たした。

 県内から3人が出場した大会は、直接打撃制組手で行われた。同じく小学6年女子の部に出場した妹の朱夏さんは1回戦で敗れた。

 妹の朱夏さん、あかりさん(八島小4年)は、先に行われた県大会で既に全日本大会出場を決めている。妃夏さんは、姉妹3人で全国大会出場を目指して大会に臨んだが、あと一歩届かなかった。

 妃夏さんは「初めてこの大会に出場して緊張したが、初戦から得意の突きが決まって良かった。準決勝では相手とうまく打ち合えなかったので負けて悔しい。今月開かれる県大会で修正し、優勝を目指したい」と目標を語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム