八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

県、LCC減便の影響注視 八重山観光

海外からの入域も好調な八重山観光=4月2日午後、南ぬ島石垣空港国際線ターミナル

海外からの入域も好調な八重山観光=4月2日午後、南ぬ島石垣空港国際線ターミナル

2月は過去最多 7万人に迫る

 県八重山事務所は4月23日、2月の入域観光客数を発表した。それによると、2月に八重山を訪れた観光客は、前年同月より1万9106人(37.8%)多い6万9666人で、同月の観光客数としては過去最高を記録した。観光消費額は48億9000万円だった。

 同月は新空港開港効果の影響が続き、東京、大阪、名古屋などの本土便は団体、個人ともに好調。千葉ロッテマリーンズのキャンプやオリックス・バファローズとのオープン戦に合わせて観戦チャーター便も運航した。

 国内外別では、国内が6万7737人、外国が1929人。

 空路では、台湾の旧正月に合わせて海外からのチャーター便が運航し、151人が来島。海路では国内外ともに今年のクルーズ船寄港がスタートし、2877人が入域した。

 同事務所では「クルーズ船の寄港も始まり、海外からの観光入域も好調。八重山観光は引き続き新空港効果を維持している。しかし、利用客が多い格安航空会社(LCC)の減便は痛手。今後の入域数の減に影響する可能性は高い」とみている。

  • タグ: 観光産業
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム