八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「やいま号」総合4位 優勝は香港艇

台琉友好親善国際ヨットレースの基隆島一周レースに挑む各チームのヨット=27日、台湾・基隆沖

台琉友好親善国際ヨットレースの基隆島一周レースに挑む各チームのヨット=27日、台湾・基隆沖

総合優勝した「Tipsy Easy」のメンバーら=27日、基隆市内

台琉ヨットレース閉幕 日台香港の交流確認

 【台湾・基隆にて井上雅大研修生】23日に始まった台琉友好親善国際ヨットレース(同実行委員会主催)は27日午前、基隆島一周レースを行い、予定されていた3レースをすべて終了した。総合成績は、日本勢では基隆島一周レースでトップを飾った「EveⅦ」(柏元孝博キャプテン、兵庫)の2位が最高位で、八重山から出場した「やいま号」(前田博キャプテン)は4位だった。優勝は香港の「Tipsy Easy」(劉世傑キャプテン)だった。

 同日夜には、基隆市内で同市主催の表彰式と交流会があり、参加者が健闘をたたえ合った。張通栄(チャン・トンロン)市長は「これからも日本、香港などとの交流を深めていきたい」とあいさつ。宮古島からの参加者は三線の演奏を披露し、会場を盛り上げた。

 八重山ヨット協会の前田博理事長はレースを振り返り、「日本の最南端が台湾など近隣の国々とシーマンシップでつながることができた」と振り返った。

 宮古ヨットクラブの渡真利将博理事長は「大きなトラブルはなく、幸いだった。国対国でなく、人対人で心を通い合わせることができた」と総括した。

 台北市ヨット協会の郭廷祥(クオ・ティンシアン)総幹事は「大会を継続していくには、台湾と宮古・石垣双方のレベルアップも必要。若い世代も参加してほしい」と期待を込めた。

 上位の結果は次の通り。

 ①Tipsy Easy(香港)②EveⅦ(兵庫)③北極星3号(香港)④やいま号(石垣)▽⑤怡然号(台湾)

  • タグ: ヨット台湾
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム