八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

14/15年期目標は8万㌧ 石垣島製糖

サトウキビの増産に向けて意見交換する原料委員ら=28日午前、大浜公民館

サトウキビの増産に向けて意見交換する原料委員ら=28日午前、大浜公民館

株出し技術向上へ取り組み

 2013/14年期のサトウキビ原料生産量で3年ぶりに7万㌧台を記録した石垣島製糖(加納成浩社長)は14/15年期の目標を8万㌧に設定し、大浜公民館で28日開催した原料委員会で、目標達成に向けた株出し技術を向上させるよう協力を求めた。引き続き石垣市さとうきび生産振興対策室が開催した講演会で、県農業研究センターの大城良計主任技師は「春植え・株出しはリスクが大きい。夏植え・株出しのほうがもうかるのではないか」と提案した。

 13/14年期のサトウキビの全収穫面積は1306㌶で夏植え56.2%、春植え11.4%、株出し32.4%の割合。全体の生産量は7万㌧を上回ったが、10㌃当たりの単位収量は5474㌔にとどまっている。

 サトウキビの増産に向け、県は毎年収穫ができる「春植え・株出し」の体系を推奨しているが、大城氏は「春植え・株出しは台風や干ばつなど気象災害に弱く、低温期の植え付けで発芽不良などが生じやすい」とリスクを指摘。「夏植え・株出しのほうが安定して収穫できるのではないかと考えている」と薦めた。

 原料委員会には、島内44地区の原料委員が出席し、加納社長は「効率的な肥培管理を行って各地区で単位収量が増えれば8万㌧は可能と思う」と述べた。大城技師は、株出しの肥培管理について、早めに肥料を入れるようアドバイスした。

 石垣市はサトウキビの生産振興計画で8万5000㌧を目標に設定しており、岩下幸司農水部長は原料委員会で「サトウキビ産業全体の健全な原料生産量は10万㌧だと考えられる」とし、高性能農業機械の導入、病害虫防除対策、株だし栽培の推進を展開すると説明した。

  • タグ: 石垣島製糖
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム