八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「やいま号」、健闘の2位

台琉友好親善国際ヨットレースの石垣基隆間レースで2位となった「やいま号」のメンバーら=26日夜、台湾・基隆市内

台琉友好親善国際ヨットレースの石垣基隆間レースで2位となった「やいま号」のメンバーら=26日夜、台湾・基隆市内

台琉友好国際ヨットレース
5艇が基隆にゴール

 【台湾・基隆】台琉友好親善国際ヨットレース(同実行委員会主催)は26日、出場13艇のうち5艇が基隆にゴールし、日本艇では「やいま号」(前田博キャプテン)が2位となった。同日夜は、基隆市内のホテルで基隆市主催の歓迎パーティーが開かれ、表彰やチームごとのカラオケ大会などでにぎわった。

 石垣基隆間のレースは25日に石垣港を出港。26日午前4時43分に香港の「Tipsy Easy」(劉世傑キャプテン)が1着でゴールし、リタイアしなかった残りの4艇も午前中にゴールした。

 今回は例年に比べて梅雨前線の動き方が変則的で、風波の強弱に大きな変動が見られたことがレースに影響した。

 前田キャプテンは「時々刻々と変わる天候の中でよくやった。とにかくうれしい」と笑顔で話した。

 劉キャプテンは「風は強かったが、無事たどり着けて良かった。明日も早く走って、早くゴールしたい」と自信をみせた。

 27日は基隆島一周レースを行った後、基隆市内で総合成績表彰・交流会が開かれる。

  • タグ: ヨットレース
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    関連するニュース

    ページ移動

    キーワード検索フォーム