八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう台湾へ出港 台琉友好親善ヨットレース

宮古石垣のレースを終え、健闘をたたえ合う第13回台琉友好親善国際ヨットレースの参加者ら=24日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

宮古石垣のレースを終え、健闘をたたえ合う第13回台琉友好親善国際ヨットレースの参加者ら=24日夜、南の美ら花ホテルミヤヒラ

セールに追い風ほどよく

 台湾や香港など国内外から14艇が出場する第13回台琉友好親善国際ヨットレース(同実行委員会主催)が始まり、23日に宮古島を出港したヨットが24日午後、石垣港に次々に到着した。同日夜には石垣市内のホテルで表彰式・交流会が行われ、出場者が健闘をたたえ合った。

 レースは25、26日に石垣から台湾・基隆に向かう253㌔(137マイル)、27日には基隆島を一周する10㌔(5・6マイル)で行われ、24日にゴールした宮古石垣間の144㌔(78マイル)を合わせた3レースの合計タイムで争われる。

 14艇が参加。宮古石垣間のレースはほどよい追い風の吹くまずまずの天候で行われ、10艇がゴールした。トップは「Tipsy Easy」(劉世傑キャプテン、香港)で、午後4時56分に石垣港にゴールした。

 表彰式・交流会では、宮古ヨットクラブの渡真利将博会長が「国や言葉の壁を乗り越えて、今後もレースを継続していきたい」とあいさつ。中山義隆石垣市長が「主催者や参加者皆さんの健闘を祈ります」と激励した。

  • タグ: ヨット
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム