八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

尖閣警備、専従体制に 海上保安庁

尖閣諸島周辺海域の警備に当たる海上保安庁の巡視船=2012年9月2日。海保は2015年度までに尖閣専従の警備体制を構築する

尖閣諸島周辺海域の警備に当たる海上保安庁の巡視船=2012年9月2日。海保は2015年度までに尖閣専従の警備体制を構築する

15年度までに構築 石垣は10隻4600人増強

 尖閣諸島周辺で中国公船が領海侵入を繰り返している情勢を受け、海上保安庁は2015年度末までに、巡視船12隻と約600人規模の保安官を沖縄に配備するなど、尖閣専従の警備体制を構築する計画だ。石垣海上保安部は10隻、400人超の増強となる見通し。海保はすでに新造船10隻を発注しており、14年度に4隻、15年度に6隻を配備する予定だ。那覇海上保安部は2隻増となる。

 現行の尖閣警備は、第11管区海上保安本部のみでは対応できず、県外の管区本部から巡視船艇を派遣して対応している。

 第11管区によると、尖閣諸島の魚釣島、北小島、南小島の3島が国有化された12年9月11日から今年3月20日までに、中国公船の領海侵入は計80日間で延べ274隻、接続水域侵入は計359日間で延べ1372隻となっている。

 石垣海保には現在、大型巡視船3隻、中型小型巡視船艇3隻、約200人が所属。専従体制が確立されると大幅な増強となるため、海保は巡視船を係留する桟橋と船舶用品庫、宿舎の増設も進めていく。

 桟橋は、浜崎町の巡視船艇基地に6|7隻が係留できる規模を想定。残りの巡視船は新港地区を係留場所とする。船舶用品庫は浜崎町の同基地に1棟、新港地区に1棟を建設する予定だ。

 石垣海保は「実施設計も終了していないので、詳細についてはこれから。尖閣警備に空きがでないようにする」としている。

  • タグ: 尖閣諸島海上保安庁
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム