八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

スカイマークが苦戦 石垣—那覇で搭乗率42%

石垣—那覇で運航するスカイマーク社の機材(手前)=2013年7月10日から南ぬ島石垣空港=。今年2月までの搭乗率が42.14%と苦戦している。

石垣—那覇で運航するスカイマーク社の機材(手前)=2013年7月10日から南ぬ島石垣空港=。今年2月までの搭乗率が42.14%と苦戦している。

JTA、ANAは60%台

 石垣—那覇間で2013年7月から低価格運賃を設定している主要3航空会社のうち、スカイマーク(SKY)の搭乗率が低迷していることが、各社の運航実績で分かった。同年7月から今年2月までの搭乗率はSKYが42.14%、日本トランスオーシャン航空(JTA)が62.02%、全日空(ANA)が65.23%となっており、スカイの苦戦ぶりがうかがえる。

 スカイは13年7月10日から石垣—那覇で1日4往復8便を運航。当日購入可能な普通運賃で5000円(現5100円)、事前予約チケットで3900円(21日前)というこれまでにない価格を設定した。JTA、ANAが事前購入チケットを4000円台まで下げて対抗したため、スカイは3月から自宅や勤務先に航空券を届けるサービスを開始するなど差別化に努めている。

 月別搭乗率でSKYは、トップシーズンの昨年8月までは50—60%台を維持したが、9月から50%を割り込み、12月には29.10%にまで下がった。団体客にシフトする冬場の落ち込みが大きく、同社は「今年から団体旅行の営業を積極的に行っており、修学旅行や社員旅行などの需要を開拓する」(西久保慎一代表取締役社長)としている。

 JTA、ANAは全月を通して一度も50%を下回ることはなく、ピーク時の8月にはJTAが76.45%、ANAが77.83%だった。

 一方、利用率の低迷で運休した後、2013年6月から再開されたSKYの宮古—那覇路線は、今年2月まで56.97%とまずまずの数字を確保している。

 宮古島市で観光関連業に携わる市民は「過去20何年間、運賃の引き下げを要望しても一向に改善されなかったが、スカイマークが参入して一気に下がり、市場原理を痛感した。スカイが撤退すれば、料金がまた上がるのは目に見えているので、市民もこの当たりは理解をしているのではないか」と話した。

 那覇への出張などで50回以上、SKYを利用しているという石垣市内の会社役員の男性(38)は「スカイの参入が、全体の運賃引き下げの要因となっているので、応援したい気持ちから意識して乗るようにしている。運航時間も使い勝手がよい。乗り心地も接客サービスも全然問題はないと思う」と話した。

  • タグ: スカイマーク
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム