八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

ピカピカの1年生歓迎 小中34校で入学式

大浜小学校の入学式で、アーチをくぐり笑顔で入場する新1年生たち=8日午前、同校体育館

大浜小学校の入学式で、アーチをくぐり笑顔で入場する新1年生たち=8日午前、同校体育館

笑顔で校門くぐる

 郡内小中学校の入学式がピークを迎えた8日、県立八重山特別支援学校を含む34校で本年度の入学式が行われ、小学校674人、中学校548人の計1222人が期待に胸を膨らませて校門をくぐった。9日はカトリック学園海星小学校の入学式のほか、郡内のほとんどの幼稚園で入園式がある。

 このうち大浜小学校(佐事安弘校長、児童329人)では、真新しいランドセルを背負った新1年生が保護者に手を引かれて登校。午前9時すぎに男子34人、女子24人の計58人がアーチをくぐり抜け、笑顔で入場した。

 佐事校長は①自分のことは自分で②元気な返事とあいさつ③交通ルールを守る—を呼びかけ、「一生懸命勉強して賢い頭とたくましい体、優しい心をつくりましょう」と式辞。玉津博克教育長(安里行雄学務課長代読)、玻座真敦PTA会長らがあいさつした。

 小濵廉貴児童会長は「分からないことや困ったことがあれば何でも聞いてください。みんなで楽しく頑張っていこう」と歓迎した。

 1年生は「ドキドキドン!1年生」を元気いっぱい披露し、学校生活に胸を躍らせた。

 大浜公民館(次呂久栄重館長)からはノートと鉛筆、大浜老人クラブ(東田正祥会長)から交通安全祈願のストラップが贈られ、新入児童らを喜ばせた。

  • タグ: 入学式
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム