八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

現行より2000円引き 肉牛用飼料

県内で牛専用飼料工場が再稼働したのを記念して飼料価格の支援を発表する砂川博紀理事長(中央)=7日午後、JA会館

県内で牛専用飼料工場が再稼働したのを記念して飼料価格の支援を発表する砂川博紀理事長(中央)=7日午後、JA会館

飼料工場の完成を記念

 【那覇】JAおきなわ(砂川博紀理事長)は7日午後、那覇市のJA会館で会見し、4月から県内で牛専用飼料工場が再稼働したのに合わせ、JA石垣牛など18銘柄の飼料をトン当たり現行価格より2000円値引きすると発表した。期間は9月30日まで。

 砂川理事長は「肉用牛は宮古、八重山ではサトウキビに並ぶ重要な産業。生産コストの7割を占めるのが餌。県内での牛専用飼料工場の完成を記念して支援していきたい」と方針を説明した。

 県内の牛用飼料の製造は2001年に国内で発生した牛海綿状脳症(BSE)の影響を受け、05年から中断。県外工場での委託製造をせざるを得ない状況になり、輸送コストや鮮度保持などの課題があった。

 JAおきなわは、事態の打開に向けて沖縄食肉価格安定等特別対策事業を活用し、中城湾港の県飼料協業組合内に牛専用飼料工場を建設。今月1日から完成した新工場で9年ぶりに飼料生産を行っている。

 県外で製造した18銘柄の飼料平均価格は、八重山が現行トン当たり約6万9000円。これが県内での製造により、トン当たり1000円のコスト削減、牛専用飼料には1000円の対策費が支援され、実質2000円の値引きとなる。沖縄本島の現行平均価格は八重山より約4000円ほど安い。

  • タグ: JAおきなわ
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム