八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

アクエリアス号歓迎 今期63回の寄港を予定

カール船長らを歓迎したセレモニー=7日午後、石垣港F岸壁

カール船長らを歓迎したセレモニー=7日午後、石垣港F岸壁

 台湾からの乗客1420人を乗せたスタークルーズ社の「アクエリアス号」(5万1309㌧)が7日午前、石垣港に今期初めて寄港。港で石垣市が横断幕を掲げて歓迎した。今期は10月30日まで計63回の寄港を予定している。昨年は56回寄港し、約8万3000人が石垣を訪れている。

 アクエリアス号はこの日、午前11時半に石垣港F岸壁に接岸。石垣市観光文化スポーツ局が歓迎セレモニーを行い、市職員がカール・ジョン・ミラマーク船長らに花束を贈った。

 漢那政弘副市長は「アクエリアス号で大勢の観光客が来ることで石垣市も活性化しており、とても感謝している。ぜひ島の自然や風土、食、文化を楽しんでください」と歓迎。カール船長は「温かい歓迎をうれしく思う。今後は新造船も予定しており、これからも観光客を石垣島に運んできたい」と述べた。

 アクエリアス号は毎週月曜日午前11時半と木曜日午前11時に入港する。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

ページ移動

キーワード検索フォーム