八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

水産物加工処理施設建設へ 石垣市

水産物加工施設の建設が予定されている敷地=6日午後、奥は八重山漁協

水産物加工施設の建設が予定されている敷地=6日午後、奥は八重山漁協

4億5000万円かけ
漁協を指定管理者に

 八重山漁協の荷さばき場の西側に隣接する県有地3400平方㍍に、水産物加工処理施設が2014年度内に建設される見通しだ。石垣市が4億5000万円をかけて整備し、漁協に指定管理を委託する予定だ。現加工場は老朽化している上、手狭で設備も不十分。新たな加工施設にはレトルト釜など最新の設備を導入し、鮮度管理や衛生管理を徹底して付加価値の加工品製造を目指す。市は6次産業化を推進する。

 漁協には、1978年に補助事業で整備されたかつおぶし加工場(1075平方㍍)がある。2005年以降はモズク加工場として使用してきたが、天井の剥離など修繕が困難な施設になっているという。また、荷さばき場に隣接する形で市が整備した加工場(51・3平方㍍)もあるが、スペースが狭く、4人が一度に作業をできないなど製造数に限界が出ている。

 新加工場ではレトルト釜のほか洗浄機、加工台、タンク、冷凍・冷蔵施設を完備。モズクやマグロ、ソデイカ、養殖ヤイトハタなどを加工し、年間の処理量はモズクで700㌧、ソデイカで70㌧、マグロで20㌧を計画する。これに伴い、パートの従業員も確保する予定だ。

 ハード面の整備に伴い、市は産地協議会を立ち上げており、衛生管理の講習会などソフト面での対応も行っている。異物混入を防ぐため、金属探知機の整備も予定する。上原亀一組合長は3月31日の会議で「薫製ができる機能を施設内に盛り込んでほしい」と要望した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム