八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

的を射る楽しさ体験 毎月開催へ

藤本浩理事長から指導を受け、アーチェリーを体験する参加者
※関連あり

藤本浩理事長から指導を受け、アーチェリーを体験する参加者
※関連あり

初のアーチェリー教室

 八重山アーチェリー協会(嘉数博仁会長)は6日、石垣市大川の櫻花ビルで体験教室を初めて開いた。参加した市民らは同協会の藤本浩理事長らの手ほどきを受け、アーチェリーの楽しさに触れた。

 1日に設立したばかりの同協会は▽アーチェリー人口ゼロからオリンピックへ▽中高校生の全国大会出場▽障がい者も楽しめるアーチェリー—などをモットーに掲げており、毎月1、2回の割合で教室を開催していく。

 2回目の体験という福士知孝さん(37)、徳子(さとこ)さん(39)夫妻=石垣市大浜=は「真ん中になかなかいかなくて難しいけど楽しい。気持ちいい」「的を狙っている時は無になり、呼吸も整えられて落ち着く」と感想。

 共に初挑戦の小山豊さん(39)=大川=、小川静江さん=同=は「意外にやりやすかった。精神を落ち着かせることでメンタル面が成長できると感じた」、「弓が思っていたより重かったが楽しかった。爽快感がある」と笑顔をみせた。

 藤本理事長は「石垣島をアーチェリーのメッカにしたい。そのためにもまずはアーチェリーを知ってもらい、楽しんでもらえる環境をつくりたい」と話している。

  • タグ: アーチェリー
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム