八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新八重山食肉センター20日にオープン

20日にオープンする八重山食肉センターの新食肉加工施設=3日午後

20日にオープンする八重山食肉センターの新食肉加工施設=3日午後

21日から本格供用
処理能力も約3倍に〜衛生管理も向上

 昨年7月から建設工事が進められてきた㈱八重山食肉センター(代表取締役・中山義隆石垣市長)の新食肉加工施設が20日、オープンする。15日ごろから試運転を始め、20日にオープニングセレモニーを実施する。本格的な供用開始は21日から。処理費用は現行通り。新施設では処理能力が大幅に向上するほか、オンレーン方式の採用で一貫した加工処理が可能となり、郡内の畜産振興につながるものと期待されている。

 これまでの施設は1974年に整備されたもの。増改築を繰り返してきたが、老朽化が進んでいた。建築当初は豚のと畜が主流だったため、牛の処理能力には限界もあった。2013年度の処理頭数は牛1676頭、豚2508頭、ヤギ325頭となっている。

 新しい施設は、旧施設隣の市有地9070平方㍍に建てられた。建築面積は3340平方㍍で鉄骨造り2階建て。財団法人県畜産振興基金公社の離島畜産活性化整備事業を導入し、総事業費は約25億3000万円。

 新施設には大動物(牛、馬)、小動物(豚、ヤギ、猪豚)のと畜解体処理、部分肉処理施設が整備されている。処理能力は1日当たり大動物20頭、小動物50頭。洗車場や車両消毒槽、排水処理施設も完備した。

 同センターの川杉國利常務は「処理能力はこれまでの約3倍。これまでは枝肉に加工してから別の施設に移動していたが、新施設では生きた牛を持ち込んだ状態から枝肉、部分肉の加工までを一貫して処理できるため、衛生面の向上にもつながる」と話している。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム