八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

海岸ゴミ、100袋回収 ヒュッタ浜ビーチクリーン

海Loveネットワークのビーチクリーンでブイや発泡スチロールなどを分別する参加者たち=5日午前、吉原のヒュッタ浜

きょうも実施〜海Loveネット

 海Loveネットワーク主催のビーチクリーンが5日午前、吉原のヒュッタ浜で開かれ、市民約50人が約100袋分のごみを収集した。

 同ネットワークの中川久美子事務局長によると、同浜を本格的に清掃するのは6年ぶり。中国や韓国、台湾からの漂着ごみが多く、特にペットボトルや発泡スチロール、ブイロープなどの漁具が多いという。

 海底に沈んでしまったり、海中を漂っているごみもあり、中川事務局長は「カメなど海の生き物がレジ袋をクラゲと間違えて食べて餓死したりしている。しっかり考えていかないといけない問題だ」と危惧。また、「ごみが流れ着かないような政策を取ってもらうのは私たちのレベルではできず、拾い続けるしかない。ごみが手元や足元から海までやってくることを一人一人が意識し、行動すれば海はきれいになる」とも強調した。

 ビーチクリーンは6日も午前10時30分から、同浜で行われる。同ネットワークはボランティアの参加を呼びかけている。問い合わせは中川事務局長(080−6495−2009)。

  • タグ: ビーチクリーン
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム