八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

雄大、プロデビュー 「経験積み、上狙う」

宇都宮クリテリウムに出場し、プロデビューを果たした新城雄大=3月23日、栃木県宇都宮清原工業団地内(M-wave/YukioMaeda提供)

宇都宮クリテリウムに出場し、プロデビューを果たした新城雄大=3月23日、栃木県宇都宮清原工業団地内(M-wave/YukioMaeda提供)

自転車

 プロサイクルロードレースチーム「那須ブラーゼン」に加入した新城雄大(八重農出身)が3月23日、国内最高峰のJBCFロードレースシリーズ「J PRO TOUR」(全日本実業団自転車競技連盟主催)の開幕戦でプロデビューを果たした。初戦の宇都宮クリテリウムは栃木県宇都宮清原工業団地内の2・7㌔を周回する総距離67・50㌔で争われ、新城はトップと5秒差の37位。レースには120人が出走し、93人が完走した。新城は「(プロの)レースを学べた。経験を積めば上を狙える」と手応えを感じたようだ。

 レース前には心拍数が150と高校時代の1・5倍に跳ね上がり、「かなり緊張」。

 スタートから密集でのレースとなり、直角に曲がるコーナリングの技術やポジショニングなどで経験の違いを味わい、早速プロの洗礼を受けたルーキー。

 チームからは「ベテラン選手のそばに位置取りし、アタックがあったらついていき、好機とみたら行け」と指示を受けていたが、カーブで後方に下がるなど、新城は「チームの作戦には参加できなかった」と悔いた。

 卒業後、約1カ月の練習で1日130㌔から230㌔を走り込んで臨んだが、「ついていくのが精いっぱいだった」と力不足を痛感した。

 次戦は13日に岐阜県伊吹山で行われるヒルクライム。新城は「上りは得意ではないが、チームの作戦通りに動きたい」と意気込みを語った。

 結果は次の通り。

 ▽37位=新城雄大(那須ブラーゼン)1時間26分21秒

  • タグ: 自転車競技
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム