八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

台北—石垣路線が再開 10月末まで週2回の計画

台北—石垣路線の再開で石垣島を訪れた台湾からの観光客=2日午後、南ぬ島石垣空港

台北—石垣路線の再開で石垣島を訪れた台湾からの観光客=2日午後、南ぬ島石垣空港

シーズン通した誘客が課題

 昨年11月から運休していた台北—石垣路線が2日から再開され、チャイナエアラインとトランスアジア航空の初便が同日午後、桃園国際空港から南ぬ島石垣空港に到着した。両便合わせて173人が来島。石垣市観光文化スポーツ局によると、チャイナはプログラムチャーター便として、トランスアジアは定期便として水・土曜日に運航し、10月末まで1日2往復4便を計画する。大得英信局長は「課題となっている冬場の観光を充実させ、シーズンを通した国際線の運航を目指したい」と話した。

 機材は、チャイナがB737型機(158人乗り)、トランスがA320型機(140人乗り)。この日は115人。58人が搭乗し、石垣島を訪れた。大半がホテルと連携したツアー客となっている。定期便を利用して南ぬ島空港から出国した乗客は6人だった。

 チャイナ機で、家族5人で初めて訪れた台北市在住の白介人さん(パイ・チェレン=31)は「(石垣島は)台湾から近いのでツアーを利用してきた。子どもたちと一緒に海のレジャーや日本食を楽しみたい。冬場もこの路線が運航すれば必ず来たい」と笑顔で話した。

 石垣市観光交流協会の高嶺良晴副会長は「再開はうれしいが、シーズンを通した誘客を実現しないといけない。そのためには、冬場の観光を充実させ、民宿を含めた宿泊施設と協力関係を築き、海外に発信したい」と意気込んだ。

 大得局長は「地元の人々も台湾路線を利用しないといけない。冬場の観光対策は現在ないが、本年度に台北市内に台湾事務所を設置するので情報発信を強化し、通年型の観光客誘致に取り組みたい」と話した。

 昨年4月から11月までの運航で両社は約7000人を石垣島に運んだ。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム