八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

新収蔵品100点を紹介 八重山博物館

100点余を紹介している新収蔵品展。中央左は芋麻朝衣などを寄贈した小濱勝義さん=28日午前、八重山博物館

100点余を紹介している新収蔵品展。中央左は芋麻朝衣などを寄贈した小濱勝義さん=28日午前、八重山博物館

宮良の「芋麻朝衣」など展示

 八重山博物館(大濵憲二館長事務代理)が収集したり、寄贈・寄託を受けた資料を紹介する「新収蔵品展」が28日、同館特別陳列室で開幕した。

 明治17(1884)年に作られた宮良村山崎御嶽神司の神衣「芋麻朝衣(ちょまちょうきん)」や和紙を使った三線「渋張(しぶばり)三線」、嫁入り道具の「柳行李(やなぎこうり)」など100点余が展示されている。

 祖母が使っていた芋麻朝衣や馬具を寄贈した小濱勝義さん(79)は「当時は捨ててしまおうかと思っていたものが、貴重なものとして博物館に展示されることはうれしい。昔の生活などを若い人たちにも感じ取ってほしい」と話した。

 4月13日まで。3月31日と4月7日は休館。開館時間は午前9時から午後4時30分。同展のみの入場は無料。

  • タグ: 博物館
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム