八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

振り込め詐欺の名簿リスト公開

八重山署が振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害を未然に防ぐため公開した特殊詐欺犯行グループが使用していた名簿リスト=27日午後、同署

八重山署が振り込め詐欺などの特殊詐欺の被害を未然に防ぐため公開した特殊詐欺犯行グループが使用していた名簿リスト=27日午後、同署

八重山署が注意喚起
犯行時のメモ書きも

 八重山署(小禄重信署長)は27日午後、振り込め詐欺など特殊詐欺の被害を未然に防ぐため、特殊詐欺犯行グループが実際に使用していた名簿リストを報道各社に公開した。

 リストには住所、氏名、電話番号が記載され、健康食品購入者、パチンコ必勝攻略法会員、婚活アンケート回答者、呉服顧客、絵画購入者、投資系データ、訪問販売寝具契約者などジャンル別に分けられている。

 リストの余白には「あまり話を聞かない。80歳代」「親切な対応80歳くらい」「独身、温厚な性格」「上品そう。ダイヤモンドだけ興味ある」「若い女性もいる。本人より娘の方がいい」などのメモ書きがあり、同署によると、犯人グループが電話をかけた際の日時に加え、相手の特徴を記載したもの。リストは「名簿屋」と呼ばれる組織から入手したものとみられている。

 同署管内では2013年に2件の特殊詐欺被害が発生。被害額は総額で2295万円に上った。

 内容は50代女性が数字選択式宝くじ「ロト6」の当選番号を教えると持ちかけられ795万円。70代女性が「投資金の被害回復ができる」とうその話を持ちかけられ、1500万円だまし取られた。

 今年は50代女性がロト6の当選番号を教えると持ちかけられて250万円の被害に遭っている。また、宝くじの換金手数料と称して20万円を振り込んだり、偽の株取引事務手数料として10万円をだまし取られそうになったケースを銀行員の適切な判断で、被害を未然に防いだ事例もあった。

 同署では「うまい話には危険が潜んでいると疑うこと。ギャンブル必勝法を教えるなどの話がきたら不審に思ってほしい」と注意を呼びかけている。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム