八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

波照間路線再開へ 来年10月をめど

石垣拠点航空路開設検討協議会

 【那覇】第2回石垣拠点航空路開設検討協議会(会長・謝花喜一郎県企画部長、委員6人)が26日午後、県庁で開かれ、国の補助で航空機の購入が認められ、現在廃止の石垣—波照間、石垣多良間の2015年10月をめどとした路線再開がほぼ決まった。会合では、第一航空㈱が14年度にDHC-6ツインオッター(19人乗り)2機を購入することが報告された。運航スケジュールを含め、最終的な決定は来年3月の協議会で行われる。

 協議会は、県と竹富町、多良間村、第一航空㈱で構成。会合は非公開で行われ、終了後に事務局の県企画部交通政策課が説明した。

 それによると第2回の会合では、作業状況の報告と今後の取り組み事項を確認した。このほか、県の14年度予算の状況、波照間空港整備関連の予算などが説明された。

 会合で竹富町の川満栄長町長は、路線再開に向けて、14年度中に公民館を中心とした利用促進協議会を立ち上げ、地元客の利用を促す活動に取り組むことを報告した。

 今後は、県や両町村は地元の旅客確保と需要喚起策、路線の収支とコスト縮減策、第一航空は運航体制の準備など課題解決の取り組みを進める。次回は8月に協議会を開き、進捗(しんちょく)状況を確認し、来年3月の最終の会合につなげる。

 両路線の再開を担う第一航空は大阪府に本社がある。現在、アイランダー(9人乗り)を3機保有し、那覇粟国島、那覇沖永良部島、沖永良部島徳之島で就航している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム