八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

スズメが少なくなった。本土復帰前はどこでも…

 スズメが少なくなった。本土復帰前はどこでも見かけた鳥だが、街から緑が減り、生息環境が大きく変わったのだろう。このままだと昔話「したきりすずめ」の説明にも時間がかかる▼石垣島には、わずか40年ほどで激減した生物がたくさんいる。代表的なのはゴカイだろう。以前は海岸を少し掘れば簡単に見つかった。最高の釣りエサで、重宝がられた。ところがいまは容易に採れない▼それは、島を囲むように建設された護岸の影響が大きい。海岸線の生態系が遮断され、直立式工法の護岸が建てられると付近から砂が逃げ、階段式工法の護岸建造後は、ゴツゴツしたバラスがたまるようになった▼護岸は過去の日本列島改造論に基づき、国土保全、農地保全などの名目で建設された。行政が最も予算を確保しやすい公共事業で、地域の景気を浮揚した▼その中でも、最も残念な護岸は宮良のムニンヤーの浜だろう。当時、工事は県の土木関係担当課ではなく、林務係が担当。防潮林を造るための護岸造成と聞いて、がくぜんとした▼名蔵湾では護岸造成の影響がよく分かる。砂が沖合に移動し、海岸線はゴツゴツした石が露出、ヒルギを植えてもなかなか成長しない。かつて市観光協会が景観面で市へ要請したことがある。再び環境を取り戻す運動を展開してはどうか。(黒島安隆)

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム