八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

明石小体育館新年度建て替えへ 「暗い、雨漏り」解消へ

老朽化が著しい明石小学校の体育館=20日午後。2014年度内に建て替えられる予定だ

老朽化が著しい明石小学校の体育館=20日午後。2014年度内に建て替えられる予定だ

総事業費2億5900万円

 明石小学校(比嘉政宏校長)の体育館は2014年度内に建て替えられる予定だ。老朽化が著しく、耐力度調査でも危険と判断されたため。石垣市教育委員会は8月ごろまでには着工し、14年度内の完成、供用開始を目指している。

 現体育館は1980(昭和55)年5月に落成。延べ床面積532平方㍍。比嘉校長によると、雨漏りがひどく、館内は照明がサイドについているため全体的に暗いという。舞台袖やトイレが狭く、2階に上がる階段もない。

 建て替え工事では、現体育館を解体した後、同じ場所に同規模の体育館を整備する計画。新体育館は鉄骨鉄筋コンクリート造の2階建て。総事業費は約2億5900万円を見込んでいる。

 工事中、ミニバスケットボール部の練習は野底小で行うことにしている。

 工期が遅れると卒業式に間に合わないおそれもあることから、比嘉校長は「新しい体育館で卒業生を送り出したい。自分たちの望む形になると良いなと思う」と話した。

 明石出身で同校の調理員を務める山城八重子さん(58)は「児童の誕生会や、地域住民がバレーボールの練習などで使っていたのを覚えている」と振り返り、「子どもたちが使いやすい体育館になってほしい」と期待した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム