八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

調理・配送でリハーサル 新給食センター

新給食センターから配送された給食に喜ぶ名蔵小中学校の児童ら=17日午後、同校

新給食センターから配送された給食に喜ぶ名蔵小中学校の児童ら=17日午後、同校

新給食センターの機械を試運転して行ったリハーサル=17日午前、同センター

牛丼など5品4800食 配送車増加で遅れも

 4月の供用開始を前に、石垣市学校給食センター(宮良信世所長)は17日、機械を試運転させ、実際に提供する量を調理、配送するリハーサルを行った。給食が運ばれた市内の18小中学校では、「おいしい」「4月から楽しみ」などの声が聞かれた。一方、配送車の増加によりセンター内に残る職員の数が少なくなり、調理や洗浄などに影響が出たことが課題として挙がった。宮良所長は「何らかの対策を考えながら調整していきたい」と話している。

 リハーサルでは、現センターで実施していたのと同様に、午前11時ごろの配送を目指し、午前8時45分ごろから調理を開始。職員は総勢24人で約4800食を調理し、午前11時20分ごろ、最初の給食を登野城小学校へ配送した。

 献立は5品。これまでは調理できなかった丼ものとして牛丼が出たほか、すまし汁、大根のレモン漬け、マンゴープリン、牛乳が並んだ。

 同センターは市街地から離れた立地となったことから、配送車を新たに3台購入し、5台体制で配送を行ったが、人員を取られ、調理や洗浄作業に遅れが出たことなどが課題に挙がった。宮良所長は「想定外のことが起こり、すべてに影響が及んでしまった。供用開始までに何らかの対策を考え、調整したい」と話している。

  • タグ: 給食センター
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム