八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

教師ら津波痕跡回る 「市民防災の日」を前に

「石垣市民防災の日」を前に開かれた事前学習会で、島袋さん(正面右)の説明に聞き入る教師ら=14日午後、石垣市大浜の津波大石前

「石垣市民防災の日」を前に開かれた事前学習会で、島袋さん(正面右)の説明に聞き入る教師ら=14日午後、石垣市大浜の津波大石前

 4月24日の「石垣市民防災の日」を前に、石垣市教育委員会は14日、教師を対象にした事前学習会「津波痕跡めぐり」を開き、22人が市内13カ所を回りながら、防災意識を高めた。

 学習会では、市教委文化財課の島袋綾野さんが講師を務め、大浜の津波大石やフルスト原遺跡、伊野田のあまたりや潮荒、白保の千人墓などをめぐりながら解説した。

 津波大石で島袋さんは「津波石であることは間違いないが、明和の大津波由来のものではないという認識に至っており、子どもたちに教える際には間違えないようにしてほしい」などと呼びかけた。

 大浜小の宜保勇人教諭(31)は「地域の生きた教材をまずは自分の足で確認し、子どもたちにも実際に見せることが一番の勉強だと感じた」、宮良小の東由美子教諭(50)は「いろんな痕跡や遺跡を防災の視点で見ることは大切。伝承と学説で違う部分があることも分かり、その点も含めて子どもたちに伝えていけたらと思う」とそれぞれ感想を語った。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム