八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

センバツに八重山から3人 美里工業

甲子園の大舞台に挑む美里工業高校の西里翔選手(左)と砂川隆之佑選手=11日午後、美里工業高校

甲子園の大舞台に挑む美里工業高校の西里翔選手(左)と砂川隆之佑選手=11日午後、美里工業高校

期待背に夢の舞台へ 砂川隆之佑(石中出身)、西里翔(二中出身)

 【那覇】21日に開幕する第86回選抜高校野球大会(主催・日本高等学校野球連盟、毎日新聞社)に、沖縄から沖縄尚学高校(2年連続6度目)と美里工業高校(初)が出場する。沖尚から石垣市出身の安里健選手(2年)、美里工からは砂川隆之佑選手(1年)と西里翔選手(2年)が晴れの大舞台に挑む。甲子園出場を目標に沖縄本島の高校に進学し、夢をかなえた3選手を紹介する。

 美里工業高校野球部の砂川隆之佑選手(1年)は、隆治さん(46)、尚子さん(44)夫婦の長男。

 野球部で一塁手としてプレー。神谷嘉宗監督は「クリーンアップを打ちそうな力を持っている」と評価する。砂川選手は「チャンスにヒットが打てるよう、みんなの期待に応えるプレーをしたい」と決意をみせる。

 西里翔選手(2年)は、秀行さん(44)、園子さん(45)夫婦の次男。二塁手を務め、神谷監督は「先発メンバーに入れるように頑張っている」と期待している。西里選手は「全国の選手を相手に、気持ちで負けない全力プレーでチームに貢献したい」と述べ、初の大舞台を見据える。

 甲子園出場を夢見て同校に進学した2人は「たくさんの方々にお世話になっている。感謝の気持ちで成長した姿をみせたい」と口をそろえた。

 神谷監督は「2人とも夢を持って頑張っている。八重山から温かい応援をお願いしたい。積極的なプレーで、まずは初戦突破で勢いをつけたい」と抱負を述べた。

 【砂川隆之佑選手】

 ▽石垣中出身、170㌢、70㌔。右投げ右打ち。

 【西里翔選手】

 ▽石垣第二中出身、169㌢、66㌔。右投げ左打ち。

  • タグ: 野球
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム