八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

島々で晴れやかに卒業式 保護者や地域が盛大に祝福

児童5人と生徒6人の門出を祝った竹富小中学校の卒業式=12日午後、同校体育館

児童5人と生徒6人の門出を祝った竹富小中学校の卒業式=12日午後、同校体育館

「人との出会い大切に」 竹富は11人が卒業、高校入試は全員合格

 【竹富】竹富小中学校(前上里徹校長)は12日午後に同校体育館で卒業式を開き、保護者や地域住民が児童5人と生徒6人の門出を祝った。小学生は、入学時に2人だった児童が増えて、にぎやかな式になった。中学生は、13日の高校入学試験発表で全員合格の朗報も届き、島は祝福ムードに包まれた。

 小学校を卒業したのは、石垣長秀くん、石垣佑佳子さん、内盛朱里さん、狩俣未来さん、三浦良太くんの5人。中学校を巣立つのは、内盛美咲さん、内盛実奈さん、新城優妃さん、仲盛恵理香さん、前本とわさん、吉澤乃愛さんの6人。小学校入学から9年間をともに過ごしてきた。

 会場は、デイゴで飾られ、式で前上里校長が「人との出会いを大切に。温かく声を掛け合うのが真の友達で宝物と言える。大きな志を抱き、思いやりのある心を持って、着実な人生を歩んでほしい」と式辞を述べた。

 続いて、内盛正聖教育委員、大山榮一公民館長、内盛正亀PTA会長、慶田盛安三教育長が祝辞を贈り、児童生徒が述べる贈る言葉と旅立ちの言葉では、涙で声に詰まる場面もみられた。

 謝辞を述べた卒業生保護者代表の宮城桃さんは、教諭と地域住民に感謝しながら「楽しく輝いている時間が過ぎ去るのは早いが、経験したことや友情は一生の宝物として残る。経験をもとにしてさらに大きく成長してほしい」激励した。

  • タグ: 竹富小中学校
  • ※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

    ページ移動

    キーワード検索フォーム