八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

大中駅伝の快挙称え 全国出場記念碑を建立

全国大会出場記念碑を除幕した大中駅伝チームと関係者ら=10日午後、大浜中校庭

全国大会出場記念碑を除幕した大中駅伝チームと関係者ら=10日午後、大浜中校庭

 昨年12月に山口市で開催された第21回全国中学校駅伝大会に出場した大浜中学校男子駅伝チーム(当山哲郎監督)の出場記念碑が9日校庭に建立され、10日午後、記念碑前で記念式典が行われた。

 父母会の新城忠会長は「記念碑建立で自分たちの偉業を誇りに思い、後輩たちは先輩に追いつき、追い越してほしい」と激励。

 同校の伊志嶺哲男校長は「皆さんの活躍を記念碑で未来永劫(えいごう)に伝えたい。今後の目標を見据えてこれからも頑張ってほしい」とあいさつ。

 チームを代表して新城秀人前主将は「全国に出場できたのも父母や監督、地域のおかげ。僕たち3年生部員は誇りを持ち、高校でも目標を持って頑張りたい」と感謝した。

 記念碑には全国大会に出場した監督や選手、コーチ、マネージャーの氏名が刻まれている。

 父母会が石版、伊良部砕石が石を提供した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

ページ移動

キーワード検索フォーム