八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

石垣島の魅力PR 国内最大手エースと提携

エースの店舗で行われる石垣島PRキャンペーンのイメージ=7日午後、南ぬ島石垣空港

エースの店舗で行われる石垣島PRキャンペーンのイメージ=7日午後、南ぬ島石垣空港

店舗で観光と物産紹介

 石垣市は7日、トラベルスーツケース「プロテカ」で知られる国内最大手の総合バッグ製造卸会社エース㈱(森下宏明代表取締役、本社・東京)と連携し、石垣島PRキャンペーン「ディスカバージャパン」を実施すると発表した。第1弾として4月から5月6日まで、エースの店舗にコーナーを設け、観光と物産を紹介する。6月以降は海外店舗でのキャンペーンを計画している。3年間継続される予定だ。

 エースは、バッグ購入者に石垣島をPRする資料を手渡し、石垣島への旅行を促すことになる。離島ターミナルなどには特設スペースを設け、バッグ商品を展示する。バッグ類の共同開発も検討している。

 石垣島をPRする事業に取り組んでいる石垣島スパイスマーケット(ISM、平良静男代表取締役)が昨年7月、渋谷の百貨店で沖縄展を実施した際、エースの目に留まり、調整を重ねてきた結果、行政と企業の連携事業という形で実現した。石垣市商工会、ISMなど地元20社程度が参画する予定。

 7日、南ぬ島石垣空港で記者発表があり、事業を管理するISMの平良代表は「バッグを購入する人が石垣島を選択肢に入れてほしい。エースの売り場で石垣島の情報を発信できることはありがたい。観光客にはエースのバッグをもって石垣島に来てもらいたい」と期待した。

 エースの柳光洋マーケティング部マネージャーは「石垣島が世界のリゾートになれるよう取り組んでいきたい」と協力を約束。中山市長は「常設の形で石垣島をPRする意義が大きい。誘客効果に期待したい」と話した。

 エース商品の取扱店は国内約9600店舗、海外約300店舗。このうちキャンペーンは販売拠点で行われ、国内では最大200店舗、海外では最大50店舗を予定している。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム