八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

「ここはいいね」 ツバメ200羽、民家をねぐらに

渡りの途中、石垣島に飛来し、所狭しと羽を休めるツバメ=6日午後7時ごろ、石垣市浜崎町の民家

渡りの途中、石垣島に飛来し、所狭しと羽を休めるツバメ=6日午後7時ごろ、石垣市浜崎町の民家

 東南アジアの国々で越冬し、春に繁殖地の日本本土などへ帰る途中に飛来したツバメ200羽以上が石垣市浜崎町の民家の車庫で羽を休め、近所の話題となっている。

 家主の男性によると、2年ほど前に5、6羽だったツバメは昨年夏から増え始め、現在では200羽以上が夕方にはねぐらとなる車庫の軒下羽を休め、朝方に飛び立っていくという。

 男性は「朝はツバメのふんがたくさん落ちて、掃除するのが大変だが、追い出すのはかわいそう」と話し、止まり木となる竹ざおをかけて、休憩場所を増やしている。

 日本野鳥の会石垣島支部の佐野清貴副支部長は「本土では住宅街で集団でいることもあるが、石垣島でこんなに多くのツバメが住宅街で見られるのは珍しい」と話した。

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム