八重山諸島のニュース・石垣島・竹富島・西表島・新城島・小浜島・鳩間島・黒島・波照間島・与那国島

エントリー

きょう開港1周年〜観光客100万人時代へ

7日で開港から1年を迎える南ぬ島石垣空港。到着ロビーは連日、団体客で混雑している=6日午後1時50分ごろ、国内線ターミナル

7日で開港から1年を迎える南ぬ島石垣空港。到着ロビーは連日、団体客で混雑している=6日午後1時50分ごろ、国内線ターミナル

観光客過去最高の94万人
郡経済をけん引

 南ぬ島石垣空港は7日、2013年3月7日の開港からきょうで1年を迎える。乗降客数は開港日から337日目の2月12日に200万人を突破、観光客数も目標の85万人を大きく上回る過去最高の94万2964人(八重山全体)を記録した。繁華街や人気スポットは観光客でにぎわい、宿泊施設や飲食店、土産店など関連業者に活気が出るなど、新空港がこの1年の八重山経済をけん引してきた。

 

■格安運賃が実現

 

 旧空港では昨年3月6日まで日本トランスオーシャン航空(JTA)4路線、全日空(ANA)4路線、琉球エアーコミューター(RAC)3路線の計11路線で67便が発着していた。

 開港以降、格安航空会社のピーチ・アビエーションが6月に関西線、9月には那覇線に参入。スカイマークが7月に那覇、神戸、成田の3路線で運航を開始した。6日現在、JTA3路線、ANA5路線、RAC3路線、スカイマーク3路線、ピーチ2路線の計16路線78便に増えている。

 中でもインパクトを与えたのが、格安航空チケットで知られるピーチとスカイの新規乗り入れだ。既存航空会社も値下げに走り、主要路線の石垣—那覇間は、事前購入チケットで片道5000円を切る運賃にまで下がった。

 スカイの西久保慎一社長は路線を開設した昨年7月10日、「(既存の航空会社も)やればできるんですよ。もっと早くやっていれば、うちが割り込む隙間はなかった。航空運賃は高止まりの傾向にあるが、5000円の普通運賃設定は今の時代に合っており、不自然ではない」と言い切った。

 

■巨大マーケット

 

 格安航空会社が参入して以降の8月から10月まで、入域観光客数は前年同月比で50%以上伸び、年間客数を押し上げた。ピークの夏場には、ホテルや居酒屋の予約がとれないという事態が発生するほど、市内は観光客であふれた。

 石垣市への入域観光客数93万7024人を1日平均にすると、2567人。2泊すると5134人、3泊すると7701人になる。3泊の滞留人口は、市の人口4万8817人(1月末現在)の約16%を占める。観光客が食べたり、飲んだり、買い物したり、遊んだりして巨大マーケットをつくり出す。

 この1年、何がどう変化し、どのような効果、課題があったのか、今後の展望を含めて探ってみた。

地図
※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社八重山毎日新聞は一切の責任を負いません。

関連するニュース

  • 関連するニュースはありません。

ページ移動

キーワード検索フォーム